Watermark arts & crafts Watermark arts & crafts

exhibitions

エグチ ジュンコ 「音つぶの展覧会」
EGUCHI Junko – sound drops exhibition

2020年9/12(土)-27(日)/月火休み 13:00-19:00



2020年9/12(土)-27(日)/月火休み open 13:00-19:00


好きな曲の音つぶを描いているうちに、だんだん様々な音つぶを描くようになった。空と地面、雨や風、森や山の音つぶ。家や学校やお店の音つぶ。あらゆる場所に、季節に、思考にも、それぞれ固有の音つぶがあると思う。

音つぶは特別な楽しみや喜び、時には生きる力を一瞬で与えてくれる。一方で怒鳴り声や暗い悲しみに満ちた音つぶ、差別や戦争やいじめの音つぶも聞こえてくる。耳を塞いでも圧倒的な存在感で迫って来るのが世界にあふれる音つぶである。いつのまにか自分も嫌な音つぶを発していたりもする。

この世界には美しい音つぶがあること。 それを忘れなければ、大丈夫だと思う。

As I started drawing sound drops of my favorite music, I found myself drawing various kinds of sound drops. The sky, the earth, rain and wind. Woods and mountains. Houses, schools and stores. Every place, every season, even every thought has its own distinctive sound drop.

Sound drops give you a special kind of pleasure and joy. There are times when they can fill you with a comfort and wonder that keeps you going when you feel desperate. On the other hand, you also hear angry shouting voices or dark sad cries. You hear sound drops of discrimination, war, and bullying. Even though you cover your ears, sound drops from all over the world crowd you with their overwhelming presence. At some point, you might suddenly realize that you yourself are also producing such unpleasant sound drops.

Beautiful sound drops exist in this world. If you don’t forget this, I think things will be all right.


国際基督教大学社会科学科卒業。創形美術学校で版画を学ぶ。ロータリー奨学金により1年間マサチューセッツ大学アマースト校美術学部大学院に在籍、コロンビア大学芸術学部修士課程修了。
1991 The Miriam and Ira D. Wallach Art Gallery 選抜展(ニューヨーク)
1999 22th EST-1 Graphic Art Ex’ 佳作(大阪)
2019 Mini Print International of Cadaqués 入選、アワガミ国際ミニプリント展 入選、星野珈琲店絵画コンテスト 優秀賞
2020 International Print Center New York, Give Me Space | New prints 2020/Summer 入選

田中彰展 TANAKA Sho
「HOVERING WIND 透明な翅」

TANAKA Sho "HOVERING WIND "

2020年8/1(土)ー16(日)月火休み

2020.8/1(Sat)ー16(Sun) 13:00-19:00 月・火曜日休み

「7月の梅雨時に涸沼自然公園を歩いていた。冬の肌寒い時期に一匹のイシノミがいた場所は、いつも以上に湿っていて、生き物の気配で満ちている。樹皮を裏返すまでもなく、木のいたるところにくっついている。目の前に現れた無数のイシノミは、私の気配に気づくとじっとして、木の表面と同化する。そっと触ると大きく飛び跳ねた。現在、多くの虫には翅があり、空中をふわふわとまたはブンブンと移動する。しかし4億年以上かたちがほとんど変わっていないこの虫には翅がない。どこへ着地するのかわからない大きなジャンプを繰り返す。それは翅がなくても、空を飛べなくても、大丈夫だよと勇気をくれる。薄い和紙に版画を摺る、それはどこか翅に似ていて、版木から紙に絵が転写されると生き生きとして、いろんな場所へ飛んでいく。このどこかへ旅立つ始まりを風の裾と名付ける。そこを見つけることができれば、透明な翅となってどこへでも飛んでいける。見つからない時はイシノミになった気持ちで大きく跳ねてみるのもいいかもしれない。」(田中彰)

田中彰が 2019年秋から2020年春にかけて制作した版画101点を収録した作品集『JUMPING BRISTLETAIL』。古生代デボン紀から現在まで形の変わっていない生物ー’イシノミ’ を探す過程で出会った生き物や風景が絵描かれています。 今回の展覧会は作品集「JUMPING BISTLETAIL イシノミノコト」に掲載されている101点の版画をすべて展示、また今回の展示期間中に国立(くにたち)の自然の風景とそこから生まれたフレッシュな作品を毎日、1点増やしてゆきます。
この本は、森のはじまりの時を探すハンドブックや図鑑にもなっています。移動を躊躇してしまう今、どこか遠くへ行くのではなく、散歩や買い物など身近な場所での小さな旅を、作品と本と共に楽しむきっかけになればと思います。

◉展示内容は、くにたちのギャラリーと こちらのオンラインサイトhttps://watermarkart.base.shop(8/1よりスタートです)で同時に見せてゆきます。動画配信なども予定しておりますので、snsも合わせてチェックしてください。
Facebook
Instagram

田中彰 [主な展示・活動歴]
2019「インプリントまちだ展2019—田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起」、町田市立国際版画美術館、東京
2019「Travelers」、MAHO KUBOTA GALLERY、東京
2017「アーティスト・イン・ミュージアム AiM2017 田中彰」、岐阜県美術館、岐阜
2017「project N 67」、東京オペラシティ アートギャラリー、東京
2016「樹について」、三菱一号館美術館、東京






Past Exhibitions