Imagine Fukushima
Imagine Fukushima TM

IMAGINE FUKUSHIMA展は、アートの力によって東日本大震災の復興支援が少しでもできればと、チャリティー展として2012年からスタートしたWATERMARKの企画です。
現在2年に一度のペースで開催しており、次回は震災後7年目となる2018年に、第四回の開催を目指しています。

3.11から年月が過ぎるにつれ、急速な風化が問題視されています。
世界ではあらたな事件や災害が次々と起こり続けるなか、私たちもシングルイシューを掲げつづける意味についてとても悩みました。
しかし多くの方々と同じように、東日本大震災と続く原発事故から、新たな視座を得たことによって変容しはじめた私たちの世界観、個人の意志や思い、あるいは視座そのものを、展覧会を通じて共有し、福島への思いに繋げて行きたいと考えています。

第四回2018年2/22(木)-3/6(火)*水曜日休


会場:コート・ギャラリー国立 協力:コート・ギャラリー国立

進捗情報を随時更新します。



2017.5.4
コートギャラリーさんのご厚意により会期二週間となりました。 伊藤隆介さんと 山口啓介さんによる二人展を開催予定です。