Kashiwagi Naoto ~ interfaces ~
彫刻・オブジェ
2016年6/17(金)-26(日)終了しました
_KNK1669

造形家・柏木直人の個展を開催します。
柏木はFRP( 繊維強化プラスチック) と呼ばれる素材を用いて作品制作をしています。

柏木の作品は、あたかも液状のものが動きつつある瞬間をカタチにとどめたかの様な表現が特徴的です。表面の起伏や反射が周囲の空間に緩やかに働きかける、独特な存在感を放つ作品です。

新作を揃えて6年振りの個展となります。弊ギャラリーでは初じめての展示です。
オープニングP:6/18(土) 18:00~

FBページ → 柏木 直人展 – interfaces –

【プロフィール】
柏木 直人 Kashiwagi Naoto
1981 神奈川県生まれ
2009 武蔵野美術大学造形研究科美術専攻彫刻コース修了
2007 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

個展
2010 Gallery Q 中央区 銀座
2008 Gallery Q 中央区 銀座

グループ展
2012  ART NOW IN 清閑亭 有形文化財「清閑亭」神奈川県小田原市
2009  YOUNG ART taipei Sunworld Dynsty Hotel Taipei 台北
archves シンワアートミュージアム 銀座
    アートサイト岩室2009 岩室温泉街 新潟市
2008 楽-joy- project space PAX 北京
   ASIA TOP GALLERY HOTEL ART FAIR 2008 ホテルニューオータニ
秘すればこそアート Gallery Q 銀座
    Emerging Japanese Artists Exibition Fredsgatan ストックホルム
    dizzy(二人展) switch point 国分寺市
    理化学研究所展示プロジェクト 理化学研究所(理研横浜研究所)横浜市
2007  dream catchers Gallery Mogra 渋谷区
    アートサイト岩室2007 岩室温泉街 新潟市
2005  spin Gallery Yasu 渋谷区

コレクション
G.C.Kown / Wearfun、ソウル

page-top
Matsuda Shigehito
- 水の祈り -
彫刻 sculpture
2016.5/27(金)-6/5(日)終了しました
水の祈り

水の祈り

希望の芽

希望の芽


木彫をおもな表現技法とする松田重仁の作品テーマは「浮遊する水」です。
特徴的なモチーフである水の面や雲、不思議なかたちの木の実、金色に輝く芽や枝葉。どの作品も生命の根源である水を見つめ、その循環を表しています。
作品に通底する仏教観と琳派における日本人の美意識。独自の作風で現代の空間造形を模索する松田重仁の作品。WATERMARKでは初めての個展になります。

facebook page : 松田重仁展 -水の祈り-
page-top
Matsuo Itcho -spring garden-
ガラス Glass
2016年4/1(金)-10(日)
終了しました
spring garden

春を包み込む色彩の庭へようこそ。
ウォールタイプや新作の蓋物を中心に。

IMG_4329s

page-top
ZENITANI Sky-Sea-Earth
ー そら・海・大地 ー
ミクストメディア
2016年3/20(日)-28(月) 終了しました

Tadayoi-2015-(橙色)-61x61cm--(1)

作者は現在、バルセロナの北、 コスタ・ブラバで活躍しています。本展のテーマ “漂い” は 一切の無駄な表現を省き抽象化された心象風景です。静かな色調で描かれた作品は観る人の心に語りかけます。


page-top
Arai Takashi+Kaihatsu Yoshiaki
新井卓+開発好明 
2016年2/18-23 コートギャラリー国立
終了しました。
◎クラウドファンディングでご支援を募っています。
 https://motion-gallery.net/projects/ImagineFukushima
 1口3,000円から応援いただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。

if_logo













第一回を2012年、第二回を2014年に開催した IMAGINE FUKUSHIMA展。震災より5年目となる第三回目の今回は、3.11以前から「いま」を世に問う社会的な意識を反映した作品を発表している二人のアーティストをご紹介いたします。
3,11は、多くのアーティストたちが行動を起こし自らの表現を改めて見つめ直すきっかけとなりました。 形を残す「作品表現」より「活動」を主な表現としてアクションし続けるアーティストたち。また「作品」そのものの強度を上げ、己や状況に向き合い、観客に訴え続けるアーティストたち。今回WATERMARKでは、その最たる活動をしている作家、開発好明さんと新井卓さんをお迎えいたします。
先の見えない日本の問題、そしてその先にある世界とのかかわり、お二人の作品を通して、皆さんと一緒に考えたいと思います。

愛銀行
開発好明さんは、観客参加型の美術作品を中心に、東日本大震災後、トラックにアート作品を詰め込み、西日本から東日本へ移動しながら行う展覧会「
デイリリーアートサーカス」(収益金は全て被災地に寄附)を主催。「政治家の家」を南相馬市に設置。「未来郵便局」「サンキューアートの日」主催。「越後妻有大地の芸術祭」など国内外で出品されています。

開発好明さんが取り組む、南相馬市でのプロジェクト「愛銀行」。コンセプトは「あいせること、あいしたいことを貯蓄して育てていくお金を使わない日本初の新しい銀行」。
皆さんが自分の「できること」「かなえたいこと」「やってあげられること」「助けてほしいこと」などを蓄えていく銀行です。
様々な愛情が貯金されるこの銀行の第一支店は南相馬ですが、会期中は、くにたちにも支店ができる予定です。
それに合わせて、開発さんによるワークショップを開催します。初日2月18日(木)と最終日2月23日(火)14時から予定しています。どなたさまも手ぶらでご参加いただけます。
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト

開発好明(かいはつよしあき)
1966 年山梨生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了。観客参加型の美術作品を中心に、2002 年にPS1 MOMA「Dia del Mar/ By the Sea」、2004 年にヴェネチア・ビエンナーレ第9 回国際建築展日本館「おたく:人格=空間=都市」、「越後妻有大地の芸術祭 」に出品。2011 年8 月から1 ヶ月間被災地30 カ所を巡り東日本大震災のためにアートによる心の繋がりを運ぶ、「デイリリーアートサーカス 2011 」を主催。
開発好明さんサイト  http://www.yoshiakikaihatsu.com/


170年前に生まれた写真技術ダゲレオタイプ(銀板写真)の写真家、新井卓(あらいたかし)さん

1F_composition_部分 新井卓 「福島第一原子力発電所 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant(部分)」2015, 60×2,600cm 福島第一原発/1Fのための多焦点モニュメント、マケット『百の太陽に灼かれて』

ダゲレオタイプとは170年前、写真黎明期に生まれた古典技法で、磨きこまれ鏡となった銀の表面に直接画像を写しとり、その解像度は最新のデジタルカメラの遥か上をいくレベルと言われています。 複製も引き伸ばしもできない1枚限りのデリケートな写真で、撮影には長い露光時間が必要で、画像を写し取るのに数分かかることもあります。 1枚の写真を撮り始めてから撮り終わるまでに、時間が経過しており、同じ風景は二度と巡ってこない、本当の意味で一期一会の瞬間そのものの写真。 瞬間を切り取るシャッターを押す人間が主導権を握るのでなく、被写体が圧倒的な主導権を握る、あまりにも不自由な撮影方法です。
新井さんの作品はイメージが静かに、しかし強烈に問いかけてきます。 古い写真を見ているような錯覚にとらわれますが、紛れもなく「現在」を写し取ったものであり、古典技法ゆえ「風化」を感じさせるその画面からは、忘却と消滅に抗い、過去と未来をつなぐ、強い意志を感じさせます。「福島第一原子力発電所」の大作を中心に、近作も含め小品も展示いたします。また一部の作品は販売し、売り上げの一部は「未来の福島こども基金」に寄附いたします。また昨秋、PGIより出版された作品集「MONUMENTS」も会場で販売いたします。

Main_Open

新井卓(あらいたかし)
1978年、川崎生まれ、川崎在住。写真黎明期の技法ダゲレオタイプ(銀板写真)を独自に習得、制作発表。ボストン美術館、森美術館、東京国立近代美術館はじめ、国内、海外の展覧会に多数参加。2014年イギリス、ソース・コード・プライズを受賞。サンフランシスコ近代美術館、東京都写真美術館、ギメ東洋美術館ほかに作品収蔵。
新井卓さんサイト http://www.takashiarai.com/

「第三回 IMAGINE FUKUSHIMA展」
ー新井卓+開発好明 Arai Takashi+Kaihatsu Yoshiakiー
2016年2/18-23 11:00-18:00( 2/23 16:00まで)コートギャラリー国立にて
東京都国立市中1-8-32 (JR国立駅南口徒歩1分)TEL:042-573-8282 
協力:PGI
問い合わせ WATERMARK arts and crafts / info@watermark-arts.com
page-top